写真

週3でキャバクラに通っていた男性が、コロナ渦で直面した現実と決断とは(イメージ)

  緊急事態宣言は解除されたが、もはやコロナ前には戻れない、と感じている人も多いのではないだろうか。キャバクラ通いが趣味だったという40代男性の男性が、コロナ禍を機に、キャバクラ断ちを決意した。その理由とは。コロナがもたらしたものについて考える。 ※※※ ◆週に5万のキャバクラ代 貴司(たかし)さんは都内の不動産関係の会社に勤める42歳、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング