写真

2015年にはトリプルスリーと首位打者を達成(写真/共同通信社)

オープン戦から、今年はボールが異常に飛ぶ、と選手の間でも話題になっていたほどホームランが次々と誕生している2020年のプロ野球。ボールをめぐる“謎”はさておき開幕から打高投低の試合が続いているのは紛れもない現実。 打撃成績を見ると、セは巨人の岡本和真ら4割打者が4人、3割打者が14人もいる(成績は6月29日時点、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング