写真

間隔をあけて座る観客たち(時事通信フォト)

プロ野球は6月19日に無観客試合で開幕したが、7月10日からは5000人を上限とする有観客試合がスタートした。たとえば、阪神の本拠地・甲子園は本来であれば4万7500人を収容できるので、約1割しかチケットが販売されない。かつてない“狭き枠”となるので、チケットは「即完売」かと思いきや、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング