写真

SNSだけでどんな母親だったか判断できるはずがないのだが

幼い子供が虐待によって死亡する事件が起きるたびに、保護者(多くは母親)への非難の声が高まる。ネット、とくにSNSでは、攻撃してよいと認められた相手が現れたとばかり、親のSNS履歴などを勝手に解釈して非道な人格をつくりあげ、罵詈雑言をわめきちらす人たちが出現する。大田区蒲田で発生した保護責任者遺棄致死事件をきっかけに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング