写真

名医は肩こりにどんな薬で対処しているのか

慣れない“家ごもり”やテレワークで、肩こりや腰痛に悩む人も増えている。市販の薬で急な「グキっ」にそなえておきたいと、湿布を購入する人も多いが、整形外科医の戸田佳孝さんはこう話す。 「日本人は湿布を好みますが、医師としてはより危険性の少ない、ぬり薬をおすすめしたい」 その理由は、湿布によって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング