写真

家庭料理の大切さを教えてくれた鈴木登紀子さん(撮影/近藤篤)

“ばぁば”の愛称で親しまれ、女性セブンでも長きにわたる連載で料理エッセイを綴り、いくつものレシピを教えてくれた日本料理研究家の鈴木登紀子さんが、2020年12月28日、肝細胞がんのため96才で亡くなりました。 青森県で生まれ、22才で上京して鈴木清佐さん(2009年に逝去)に嫁ぎ、一男二女を育てる専業主婦だったばぁばが料理番組『きょうの料理』(NHKEテレ)で“日本料理研究家”としてデビューしたのは46才のとき。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング