中国内で今年5月から6月にかけて、日本人男女合わせて4人がスパイ容疑で逮捕される事件が発生した。習近平指導部が日本政府に対して「スパイ釈放」を条件に尖閣諸島問題に関する交渉のテーブルにつくよう要求したとの事実をつかんだジャーナリストの相馬勝氏が、今回の逮捕劇の狙いを解説する。 *** 中国では習近平指導部発足後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング