写真

入院せず通院しながらがん治療を続ける渡瀬恒彦

がんを患いながら仕事を続ける人が日本には約32.5万人いるという。ただ、それは簡単なことではない。内閣府の調査に約7割の人が「現在の日本社会では仕事とがん治療の両立が難しい」と答え、厚労省の調査によると、がんが発覚したサラリーマンの3人に1人が依願退職か解雇になっている。 「テレ朝さんや東映さんが許可してくれなければできない。それを“みんなでやってみようよ”と言ってもらえた」 がんと闘いながらでも「演じられることの喜び」を噛みしめたのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング