写真

「一人っ子政策」の次は「一匹犬政策」へ

中国の風光明媚な港町で知られる山東省青島市政府は今年6月から、ペットとして飼育するイヌを1世帯当たり1匹とする条例を施行したことが分かった。青島では近年、ペットブームとなっているが、飼育のマナーが悪く、放し飼いなどによって、市民に噛みついて負傷させる事件などが増えているためだ。 中国では昨年、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング