写真

薬の併用で想定外の症状も

病院で何種類もの薬を処方されても、「これも病気を治すためだ」と日々、忘れずに飲み続けている人は多い。だが、その努力は“逆効果”になってしまうかもしれない。薬の副作用や相互作用により、想定外の症状が発生することがあるからだ。健康リスクのボーダーラインは5~6錠だという。 だが、医師がこれを「新たな病気の発現」と勘違いして新たな薬を追加処方し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング