写真

作家・原田伊織氏

明治維新が素晴らしいものであるとの“常識”に疑義を呈したのは『明治維新という過ち』の著者で作家の原田伊織氏だ。氏は明治維新がその後の軍部の台頭を招き、また「官軍史観」が現代社会を歪めていると指摘する。 *** 多くの日本人は、「明治維新=無条件の正義」であり、この“偉業”がなければ封建的な日本は近代化を果たせず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング