写真

作家・経済評論家の野末陳平氏

夏は「孫疲れ」のシーズンだ。お盆で遠くから息子家族や娘家族がやってきて、孫の遊び相手をしてヘトヘトになり、体調を崩す人も多い。さらに、「お盆玉」や「帰省の交通費を出す」などで経済的負担を強いられるケースもある。年に1、2度の帰省ですら一苦労なのだから、近くに住んでいる「じいじ・ばあば」はもっと骨が折れる。 孫たちが学校や幼稚園に行かない夏休み期間はなおのことだ。東京都内で息子家族の近くに住む70歳男性が悲鳴を上げる。 「小学5年生の孫娘を進学塾の夏期講習に送り迎えするのと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング