写真

「上皇后」という呼称は「伝統破壊」との指摘も

これまで安倍政権を支持し、応援してきた保守論客たちの離反が始まっている。憲政史研究者の倉山満氏は5年前、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人を務めていた。だがその倉山氏は、天皇の生前退位に関する決定について、問題があったと指摘する。 「退位された後の皇后陛下の呼称を『上皇后』としたのは重大な問題だと考えます。皇室は先例がすべてです。『皇太后』という呼称がすでにあるにもかかわらず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング