写真

調味料をドバドバかける「味覚障害」が急増

「若い頃のように脂っこいはどうも……」──年齢を重ねれば、食の好みが変わるのは当たり前。ただ、加齢ととともに塩分の強い食事を取りたがる“味覚障害”を発症する人が増えている。日本口腔・咽頭科学会の調査では、1990年に約13万8600人だった味覚障害の推計患者数は2003年には約24万5000人と倍増している。潜在的な患者はもっと多いとする説もある。味覚障害に詳しい東北大学大学院歯学研究科の笹野高嗣教授(口腔診断学)はこう解説する。 「問題なのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング