写真

ピントが合いにくくなる症状が多発

白内障や緑内障より身近で怖い目の病気が流行り始めた。「スマホ老眼」という、スマホを長時間使用し続けることで、あたかも老眼のように、目のピントが合わなくなってしまう症状だ。 老眼と言えば、40代後半から50代に達した世代が発症し始めるもので、近くの新聞の文字がよく見えないため「遠くに離して読む」姿を連想させるシニア特有の症状だ。 今、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング