写真

高齢者の独り暮らしに逆風が(写真はイメージ)

独り暮らしの高齢者が増える中、保険各社が販売する「孤独死保険」が注目されている。そこからは人生の“清算費用”をめぐるシビアな現実が浮かび上がる。 内閣府調査によると、2000年に約300万人だった65歳以上の独居高齢者は2015年には約600万人へと倍増した。それに伴い、「孤独死」も激増している。 日本少額短期保険協会の「孤独死の現状レポート」(2016年3月)によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング