写真

わずかな審議のみで条例案は可決された 時事通信フォト

10月5日、衆院総選挙の公示を間近に控え、日本中が「小池劇場」に目を奪われていた最中、都議会では「子どもを受動喫煙から守る条例」が可決、成立した。十分な議論が尽くされたとはとてもいい難いが、家庭など私的な空間にまで踏み込む規制は、今後どんな影響を生むのか。ジャーナリストの入江一氏が解説する。 *** 今回は十分な議論を尽くさず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング