写真

”戦犯”と呼ばれた男が初激白

石坂泰三、土光敏夫という2人の経団連会長を輩出した名門企業・東芝の不正会計問題は、関与した歴代社長たちの栄光を地に墜とした。なかでも、本来なら石坂、土光に続く財界トップとなるはずだった「テヘランからきた男」の屈辱たるや──同名の評伝を著したジャーナリスト・児玉博氏が、“東芝の戦犯”とまで言われた元社長・西田厚聰氏の本音を丸裸にした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング