写真

昭和史に残る宰相の人心掌握術は(写真:時事通信フォト)

衆院選での大車輪の活躍を機に、政界の中心人物に躍り出た感のある小泉進次郎氏。その勇往邁進ぶりは昭和を駆け抜けたあの田中角栄の黎明期を思わせるものがある。出自も風貌も大きく異なる2人が、なぜ重なって見えるのか。(文中一部敬称略) 政界でのし上がる条件は、当時も今も、官僚組織から「神輿」として担がれるかどうかにかかっている。 霞が関には将来を見込んだ政治家に若手官僚を貼り付けて政策を指南し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング