写真

憲法改正への算盤やいかに?

昭和天皇の崩御とともに訪れた29年前と違い、1年4か月後にやってくる平成の終わりと新時代の幕開けは、祝賀ムード一色に包まれるだろう。だが、侃々諤々の議論の果てに決まった退位日には、さまざまな思惑が渦巻いていた。一言でいえば、「国民不在」、「陛下不在」。その内幕をレポートする。 皇居・宮殿の「鳳凰の間」。天皇陛下と安倍晋三首相がテーブルを挟み、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング