写真

「自由と直接民主主義」党首のトミオ・オカムラ氏

昨年10月に行われたチェコの下院選挙で、新興政党「自由と直接民主主義」(SPD)が第三党に躍進を遂げた。同党を率いるのが日系人の実業家、トミオ・オカムラ氏(45)だ。反EU、反イスラム主義から、「チェコのトランプ」と呼ばれる。同氏の真意に、せまった。 *** 「チェコ人によるチェコ人のための国」。ここに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング