写真

力士より親方が主役の場所に(芝田山親方。時事通信フォト)

2年に一度の日本相撲協会理事選が近づき、1票をめぐる争いが激しくなっている。票を投じることができるのは、相撲協会の年寄株を持つ親方たち。理事選の1票を作り出すために、ベテラン力士が引退して空き株を襲名する“慣習”がある。さらにここにきて、借株の“返上”を求められる騒ぎまで起きている。 現在、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング