写真

長野五輪ではラージヒルと団体で金メダルを取った

どんなスポーツにも「ルール」が存在し、競技そのものが定義づけられる。選手たちはルールを前提に鍛練を重ね、競い合う。ところが時に、“前提”としていたルールが変わることがある。それによって大番狂わせが起き、悲劇のドラマも生まれてきた。たとえば、1990年代前半、W杯3季連続総合王者となった萩原健司氏を中心に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング