写真

軍艦島ではなく、明治時代の別の炭鉱の写真だった(EBSの歴史教養番組より)

「反日」という大義名分があれば、韓国の報道は、たとえその写真が実際にはまったく別の場所の、別の人たちを映したものであっても、被害を受けたという同じ文脈なので問題がないという態度をとり続けるようだ。 教育系の公共放送EBSが、2014年12月に放送した歴史ミニ番組で戦時下の朝鮮人強制労働を取り上げた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング