写真

西野ジャパンは勝ち上がれるのか(時事通信フォト)

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督が電撃的に解任されたことを伝える発表会見で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「1%でも2%でも、W杯で勝つ可能性を追い求めていくための決断」と述べたが、現行の32チーム制となった1998年のフランスW杯以降、W杯イヤーに監督を代えた国はすべてグループリーグで敗退している。確率でいえば、目標のベスト16進出は0%である。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング