写真

女子高生の妊娠、自主退学が貧困を生む(写真/アフロ)

3月30日、文部科学省はこれまでにない実態調査を発表した。女子高校生の妊娠についての『妊娠した高校生の在籍状況2015~2016年度』調査を公表したのだ。全国の公立高校(3571校)が把握している妊娠は2098件。うち3割(674件)が自主退学していた。しかも自主退学の中には学校の勧めによるものが32件あったという。 妊娠した女子高生の在籍状況は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング