写真

強度が高くて軽い因州和紙はピアス、イヤリングにも最適

鳥取県東部地方は、“因幡国”や“因州”と呼ばれ、古くから和紙づくりが盛んな場所だ。その起源は不明だが、少なくとも1300年近い歴史があると、『鳥取市あおや和紙工房』館長の山田正年さんは言う。 「奈良の正倉院で、8世紀半ばに因幡国で作られたとされる和紙に書かれた文章が見つかり、このことから奈良時代には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング