写真

その手を繋ぐことはもうできない

日本に希望を持って来日したベトナム人男性は、9歳の愛娘がわいせつ行為を受けたうえに、命を奪われた。そして裁判では、被告の驚くべき“主張”に再び心をえぐられた。絶望の淵に立つ父親が、亡き娘と犯人への思いを綴った。(取材・文/水谷竹秀=ノンフィクションライター) ◆怒り、無力感、悔恨 「息子は今も姉のリンちゃんが亡くなったことを知りません。どうしてリンちゃんが毎日学校から戻って来ないのか。どうしてご飯をあげたのに残っているのか。どうして家にいないのか。4歳の息子にどう答えていいのか分からなかった」 黒いスーツ姿のレェ・アイン・ハオさん(35)は証言台で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング