写真

竹増貞信・ローソン社長(右)と山下雅史・ローソン銀行社長

いま、銀行で13万6000台、コンビニで5万5000台あるというATM(AutomaticTellerMachine=現金自動預払機)。前者の銀行ATMは、メガバンクも地銀も店舗リストラに伴って台数を減らしていく途上にある。一方、後者のコンビニATMは、その銀行ATM減少の受け皿化の過程にあるが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング