写真

「尊厳死宣言」申告マニュアル(専門家への取材をもとに作成)

「生命を維持するために、点滴で栄養や水分を送り続けると、体がだぶだぶの状態になるんです。お医者さんの中には、『溺れる』と表現する人もいるそうです。たしかに父の命はつなぎ止めましたが、果たして最善の選択だったのか……。答えは見つかりません」 そう話す50代のAさんは、昨年、父親をがんで亡くした。病床で何本も管につながれた父の最期の姿が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング