写真

家族の支えが闘病の活力に(美紀さん提供)

「脳梗塞」といえば、「ある日突然、意識を失って倒れる」印象を抱くが、実は「繰り返し発症して体を蝕んでいく」ケースのほうが多いという。 今年5月に、63歳という若さで亡くなった西城秀樹さんは、精力的な歌手活動の陰で17年間にわたって脳梗塞と闘っていた。闘病を支えた妻・美紀さん(46)の告白には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング