写真

尿の色は要チェック

臨床医学的には、1日に10回以上トイレに行くと“頻尿”と定義される。「頻度」と同様に気を付けて観察したいのが尿の「色」だ。 「肝硬変や肝がん、肝炎などになると濃い黄色の尿が続けて出るようになります。肝機能が低下すると、ビリルビンという色素が血液や尿中に出るため黄色くなるのです」(順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科の磯谷周治氏) また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング