写真

東京放射線クリニック院長の柏原賢一医師

がんにかかり余命宣告を受けるという状況には深刻なイメージが伴うが、「自らの死期が明確になる」ことは、残された時間をより有意義に生きることにつながる。神経内科医の米山公啓医師が語る。 「『脳卒中』や『心筋梗塞』などを発症すると、突然死にいたるケースも少なくない。そうなれば、亡くなるまでの余生をどう充実させるか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング