写真

家族葬、直葬はかえって手間がかかる(イラスト/大窪史乃)

近年、家族や親戚、故人と親しかった人だけに参列者を絞る、小規模な葬式「家族葬」が増えているという。「自分の葬式が子供たちの負担にならないよう、なるべく小規模に」「最後は本当に悲しんでくれる人だけで送り出してほしい」という故人の思いを尊重し、参列者を親族に絞った家族葬を選択する遺族も多い。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング