写真

大河『いだてん』にはクドカンならではの仕掛けがいっぱい

NHK大河ドラマ『いだてん』の脚本は朝ドラ『あまちゃん』(2013年・NHK)をはじめ、『池袋ウエストゲートパーク』(2000年・TBS系)、『木更津キャッツアイ』(2002年・TBS系)などの人気作を手がけたクドカンこと宮藤官九郎。 マラソン選手の金栗四三(かなくりしそう)が日本人として初めて五輪に参加した1912年から、新聞記者の田畑政治が東京五輪を成功させた1964年までの東京を描く物語だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング