写真

シャンパン提供が裏目に?(つのだよしお/AFLO)

パイロットに続いて女性客室乗務員(CA)にも飲酒が発覚し、日本航空(JAL)が揺れている。11日には、国土交通省航空局から業務改善勧告を受けた。 飲酒問題を起こしたのは12月17日の成田→ホノルル便に乗務していた46歳のCA。ギャレーと呼ばれる機内のキッチンで、プレミアムエコノミークラス用のシャンパンの小瓶(約170ml)を空け、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング