写真

7月の九州北部豪雨により、里川さんが住む福岡県あさくら市は、死者29名、住家被害1014件、避難者431名(いずれも8月10日現在)の被害を受けた。道路は20万トンもの流木でふさがれた。写真提供=福岡県あさくら市観光協会・里川径一さん。

豪雨に見舞われ自宅は半壊。豪雨5日後に誕生した第4子がいるお父さんの「逆転の発想」に大きな共感が広がっている。地域を覆うおびただしい数の流木をあるモノに変身させることで復興資金を得るグッドアイデア。その発想の源泉とは何か。 ■自宅半壊4児の父の「逆転の発想」に大きな共感 豪雨、竜巻、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング