田園都市線で「負け組物件」が増え始めた

プレジデントオンライン / 2017年9月14日 15時15分

「2020年の東京五輪までは大丈夫」。不動産についてそんな意見も目にするが、それは本当なのか。不動産コンサルタントの長嶋修氏は、ブランド力の高い「都心5区」は今後も安泰な一方、これまで人気だった田園都市線沿線では「『負け組』の物件が増える」と予測する。どういうことなのか――。 ※以下は長嶋修『5年後に笑う不動産マンションは足立区に買いなさい!』(ビジネス社)からの抜粋(一部改変)です。 ■将来性を支えるのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング