がん陽性でも"96%は問題なし"数学的理由

プレジデントオンライン / 2017年9月18日 11時15分

人間ドックの「腫瘍マーカー検査」では「感度80%でがんの陽性反応が出る」という説明を受ける。もし陽性なら「80%の確率でがん」と考えてしまいがちだが、それは事実ではない。その後、精密検査を受ければ、実際にがんである確率は4%程度で、96%程度は「問題なし」と判定される。どういうことなのか。帝京大学の小島寛之教授に「数学的カラクリ」を聞いた――。 ■直感と大きく異なる「条件付き確率」の謎 人間ドックのオプションなどで「腫瘍マーカー検査」を勧められることがある。がんにかかると特定の物質が血液中に増えることを利用した検査の一つで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング