写真

「働き方改革」で長時間労働の是正が進みつつある。企業は、労働者の「味方」のフリをしているが、残業時間が削減されれば、社員の給与も少なくなる。経営コンサルタントの小宮一慶氏は「日本経済の総量=パイが変わらなければ、生産性の向上は、人減らしや給与減らしになる」と指摘する。働き方改革の「負の側面」とは何か。 ■現状のままでは「働き方改革で給料は減ります」 「働き方改革」という言葉をよく聞くようになりました。 現在議論されていることは主に2つあり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング