ネスレがコーヒー機を「無料」で配るワケ

プレジデントオンライン / 2017年9月25日 9時15分

ネスレ日本は職場などに向けてコーヒーマシンを無料で提供している。それは専用カートリッジで自社のコーヒー粉を買ってもらうためだ。コーヒーマシンの製造企業の多くが、コーヒー豆や粉という「アフター・マーケット」を収益源にできていない。その違いはどこにあるのか。気鋭の経営学者が、ネスレのビジネス戦略に迫る。 ■注目度の高い企業事例からいかに学ぶか ネスレ日本のコーヒーマシン「バリスタ」。「ネスカフェ・ゴールドブレンド」などのコーヒー・カートリッジをセットして使うマシンである。ビジネスモデルの特徴は「ネスカフェ・アンバサダー」というプログラムによって、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング