イケアが世界最大の家具会社になった理由

プレジデントオンライン / 2018年1月13日 11時15分

■もともとは17歳の少年が始めた通信販売会社 イケアと言えば、日本でも人気のある世界的な家具ブランドですが、もともとはスウェーデンに住む17歳の少年が始めた小さな通信販売会社でした。同社がグローバル企業として成長できたのは、「ダイナミック・ケイパビリティ」が高かったからだと言えるかもしれません。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング