マック過去最高益を生み出す"どん底改革"

プレジデントオンライン / 2017年12月17日 11時15分

■実は事件が起きる前から行き詰まっていた 日本マクドナルドHDが好調だ。2017年8月の既存店売上高は前年同月比14.5%増と21カ月連続でプラス。17年12月期通期では過去最高益を更新する見通しだ。 14年に発覚した鶏肉偽装事件やその翌年の異物混入事件など食の問題でイメージが落ち込んだ同社。15年12月期通期では347億円という上場以来最大の赤字を記録した。まさにV字回復といっていいだろう。 ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング