マツダが決断した2つの「生き残り戦略」

プレジデントオンライン / 2017年11月3日 11時15分

■「“負け嫌い”同士が集まった」 自動車産業を巡る市場環境が急激に様変わりしている中、マツダの小飼雅道社長が相次いで決断した2つの「生き残り戦略」が注目されている。 1つはトヨタ自動車との資本提携。経営の自主性を尊重しながらもお互いに株式を持ち合うことで、電気自動車(EV)などの次世代技術の共同開発や米国での新工場の建設を円滑に進めるためだ。 小飼社長も「“負け嫌い”同士が集まり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング