米国に"兵器の分割払い"を頼む日本の品格

プレジデントオンライン / 2018年1月7日 11時15分

日本の「防衛費」が増え続けている。2018年度の予算案では過去最大となった。昨年11月に米トランプ大統領が来日し、政府は迎撃ミサイルシステムなど米国製の高額な兵器の購入を決めた。防衛態勢の強化は必要なのだろう。だが、日本にどんな兵器が必要なのか。それを決めるには日本なのか、米国なのか――。 ■防衛費の増加は4年連続で過去最大 政府が昨年12月22日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング