JALの顧客満足がどん底から復活したワケ

プレジデントオンライン / 2018年2月14日 9時15分

1月24日、日本航空(JAL)は植木義晴社長の退任を発表した。植木社長は経営破綻からの6年間、再建のかじ取り役を務め、同社を生まれ変わらせた。ポイントはなんだったのか。『JALの心づかい』(河出書房新社)の著者・上阪徹氏は「『JALフィロソフィ』による意識改革の成果だ」と分析する。その内容とは――。 ■JALを立て直した「サービス力」向上 2010年のJAL破綻のニュースは社会に衝撃を与えることになった。しかし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング