受動喫煙の「憎悪の構図」に出口はあるか

プレジデントオンライン / 2018年3月1日 9時15分

受動喫煙対策はどうあるべきなのか。国は全面禁煙を求める飲食店の対象を当初30平方メートルとしていたが、自民党内の議論の結果、100平方メートルに緩和された。飲食店経営者はほっと一息ついたようだが、「怒鳴り声の脅迫電話があった」というほど規制推進派の怒りは根強い。非喫煙者と喫煙者がいがみ合う構図が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング