"跡目争い"が起きるほど神社が儲かるワケ

プレジデントオンライン / 2018年3月17日 11時15分

■「贅沢三昧」が可能になる3つの理由 2017年12月、富岡八幡宮の宮司が殺害された事件は記憶に新しい。 背景に宮司の座をめぐる争いがあったという見方が有力だが、宮司は豪勢な洋館に住み、弟の前宮司も銀座のクラブで豪遊していた。「宮司はそんなに儲かるのか」と驚いた人も多かったはずだ。 このような宗教者は例外的だとはいえ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング