中小企業"退職金廃止"のツケは社員に回る

プレジデントオンライン / 2018年8月10日 9時15分

退職金・企業年金の減少傾向に歯止めがかからない。このままでは中小企業の社員は、老後資金に困る可能性が高い。多くの中小企業では、退職金は1000万円程度で、それ以外の企業年金などは一銭も出ないからだ。政府は「私的年金加入による自助努力」を促すが、道のりは険しい。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「賃上げが低迷しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング