写真

※写真はイメージです(写真=iStock.com/industryview)

政府の「働き方改革」は、残業規制や同一労働同一賃金を謳っている。本当に実現できるのだろうか。日本総研の山田久主席研究員は、「改革が中途半端になれば、中長期的な生産性を押し下げることになる。それを避けるにはドイツの人材育成や雇用ルールに学ぶ必要がある」と指摘する――。(前編、全2回) ■働き方改革関連法成立は出発点 7月22日に閉幕した第196回通常国会で関連法案が成立し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング